orbitex / オルビテックス   全ては調和し、世界を創る。
アイアンチェア

WIRE CHAIR

by STAFF

posted in

こんにちは。
orbitexです。

前回最後に少しお話ししましたが、ワイヤーシリーズの紹介が今日で最終回です。

最終回にお送りするのは、チェアです。
こちらも勿論ハンドメイドで製作されています。

まずは、WHITEから紹介させて下さい。
アイアンチェア ORL-K16-CWH
W560 D550 H830 SH470

アイアンチェア

CHAIR / WHITE
こちらのチェア、初めて見た時の印象は、繊細な
ラインで可愛いけど、繊細過ぎて座っていいの?
と言った印象を受けましたが、実際に腰を掛けて
みると、見た目より重さもあるのでどしっとした
安定感もありますし、意外にしっかりとしたホー
ルド感があって座りやすいんです。
また、単色で仕上げているので、そのままお使い
頂くのは勿論、発色の良いクションや座クッション
なんかと合わせてあげても可愛いです。

アイアンブラックチェア ORL-K16-CBK
W540 D550 H820 SH460

アイアンブラックチェア

CHAIR / BLACK
あれ?どこかで見たことあると思ったら、よく見ると
BLACKは、BULBシリーズと同じテクスチャーですね!!
WHITEよりもアームハイが高く、よりしっかり
お尻を包み込んでくれて、こちらも座り心地良いです。
黒×鉄と聞くと、なんとなく男性ぽいというか、
少しハードな印象も持ちますが、この抜け感と、
ここまで繊細なデザインを、単色で仕上げているので、
女性でも抵抗なくお使い頂けると思いますし、
主張し過ぎず、合わせ易いのも嬉しいです。

BULB SERIES

アイアンライト

ペンダントライト

ランタン

ちなみに番外編ですが、こんな事も出来ます!!
ということで、下の写真は一枚板×鉄脚×ワイヤーチェアです。

鉄脚×アイアンチェア
一枚板×鉄脚までは良く見ますが、こんな脚初めて見ました。
テクスチャー自体はシンプルですが、なんといってもハンドメイドですので、直線のワイヤーを整列させて溶接するだけで、
気の遠くなる作業です。
orbitexは、オリジナリティーの高い商品が多いので、定期的に工場に出向き品質管理を行ったり、どのメーカーとも
絆を一番大切にお付き合いして来ました。
とんでもなく大変な製作過程を直接訪問して見て来ているので、商品ではなく作品と呼びたくなります。
本日紹介させて頂いたアイテムもオールハンドメイドで、職人さんの魂のこもった作品です。

本日で、一通りワイヤーシリーズの紹介が終わりました。
何か気になるアイテムはございましたでしょうか?

ワイヤーシリーズは、orbitex aoyamaよりもRoom Art Matsuiの方が展示が多いです。
実物見たいけれど、青山にしか行けないなどございましたら、ご来店頂く前にご予約を頂けますと幸いでございます。

Share this story

btt