世界のラグと照明を提案するorbitex

メニュー

Blue Line

428 views
約 4 分

こんにちは。
だいぶ秋らしい陽気になってまいりましたが、皆様体調などお崩しでないでしょうか?
寒いのは苦手ですが、ラグを敷くには良い季節になってまいりました。普段ラグを敷かない派の方も、このくらいの時期から急にラグ敷こうかという方も多いのではないでしょうか?

そんな2015年の秋・冬を一緒に過ごしたくなるような新作のラグが入荷致しました。
昨年の秋冬も人気が高かったRANIのボーダーシリーズとして加わります。ボーダーシリーズは見た目の可愛さも勿論、ふかふかとしたテクスチャーが特徴的でした。厚みの好みも個人差がかなりあるかと思いますが、今回の新作は見た目のふかふか感はそのままに少し厚みが軽減された今までにないタイプです。

Blue Line ORR-23-1

size / 1600 x 2300 (mm)
material / wool

ウールラグ
ウールラグ

ボーダーシリーズにありそうでなかったブルー系のお色味。
青山店でもやはり根強い人気のブルー系が、ウールのボーダーシリーズに仲間入りです。

ウールラグ

こちらは、キリムの様な平織りがベースで、その上にテクスチャーの違う編みを縫い合わせてできています。
なのにこの薄さ。
実際に触ると見た目のふかふか感とは裏腹にかなりがっちり、しっかりとした編みなので、最初出会った時はギャップが凄かったです。お写真だとどうしても伝わり辛いお色ですが、一番濃く写っているところ、もはや黒に見えますが、実物はもっとネイビーです。グレーの部分も、ライトグレーのような部分もあれば、淡いグリーンがかった部分もあって、実物の方が繊細な印象を受けます。

ORR-24-1

size / 1600 x 2300 (mm)
material / wool

ウールラグ
ウールラグ

そもそもボダーシリーズのほとんどは変わったテクスチャーが特徴的でしたが、
ORR-24-1も同様にかなり変わった表情をしています。

ウールラグ

変わってるだけではなく、織りが凄く綺麗だなというのが最初の印象です。
こうゆうテクスチャーのラグの中だったらかなり薄めだと思いますが、素材感のせいか見た目だけだと全くそれを感じさせないのが、本当に不思議です。
また、程よく自然なウールの表情が残っている為、汚れが目立たないのも嬉しいです。このマーブルなお色の感じが堪らないです。また、一枚で様々なテクスチャーを楽しむ事ができ、決して派手でない配色なのにシンプル過ぎずバランスも良く、使い易いラグです。

 

一年通して一番人気のあるブルー系のお色。
しかし、ブルー系で秋冬っぽい印象のものって以外になかったようにも感じます。

今回ご紹介させて頂いた2枚は、1年通して敷き替えをしたくない方にぴったりなラグです。ORR-24-1は、白とブルーにブラウンを入れる事で、落ち着いた秋冬にもぴったりな印象に仕上がっています。逆を言うと、ブルーと白のお色が夏場にも違和感を持たせ難く、厚みも見た目ほど無いので、通年快適にお使い頂けると思います。ORR-23-1は、ウールの限界とも思える程薄手に仕上げている為、夏場でも暑苦しいことはまず無いと思いますし、薄手ですがウールなので保温性もバッチリですし、こちらも使ってみると一年中重宝されるラグだと思います。
素材と厚みの兼ね合いというところが、通年使う事を考えて選ぶ時には重要になってくるのでは無いでしょうか?
今日は、ボーダーシリーズnewカラーのORR-23-1,ORR-24-1をご紹介させて頂きました。
コーディネート写真などもご紹介したいと思っています。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE